定番であるスポーツカーとバイクのプラモデル

バイクの組み立て

プラモデルは、スポーツカーが定番のひとつです。国内と海外を問わず、幅広いメーカーのスポーツカーが、プラモデル化されています。
スポーツカーのプラモデルの魅力は、その見た目です。スポーツカーのスタイリッシュなデザインを、忠実に再現してあるプラモデルは数多くあります。そして、エンジンやタイヤホイールなどが精巧に作られているプラモデルも少なくありません。

キット

スポーツカーは高級品なので、実際に購入しようとする場合、費用が大きなネックとなります。さらに、スポーツカーの中には、すでに製造が終了していて、プレミア価格になっているものも多いです。
そういったスポーツカーも、プラモであれば簡単に購入できます。安ければ1000円台、高くても1万円程度なので、低予算で魅力的なスポーツカーを手元に置いておけます。プラモデルであれば、スポーツカーを数十台揃えることも不可能ではありません。
購入したとしても乗る機会がない、乗るのではなく外から見るのが好きという人にも、スポーツカーのプラモデルは人気を集めています。

バイクのプラモデル

バイクもプラモデルの定番となっています。スポーツカーと同様に、価格や置き場所などの問題で購入できないバイクを、プラモデルとして手元に置いておけるのが魅力です。

バイクプラモデルは、内部構造が複雑なものが数多くあります。プラモデルによっては、エンジンが10個以上のパーツに分かれていて、パーツの形や組み合わせによって複雑な構造を再現可能です。そこに、パイプやチェーン、フレームなどを組み付けていきます。そのような複雑さが、バイクプラモデルの大きな特徴です。そのため、よりリアルな感覚で、バイクの実車を作ったり、メンテナンスしたりするように、組み上げていけるでしょう。

完成したバイクのプラモデル

スポーツカーとバイクはいずれも、プラモデルの定番なので、数多くのプラモデルメーカーから販売されています。人気のメーカーは、タミヤやアオシマ、ハセガワなどですが、どのメーカーであっても、制作の難易度は製品によって大きく異なります。上級者向けのプラモデルは、接着剤の使用と塗装が必須です。もし、簡単に組み立てたいのであれば、切り離したパーツの組み合わせで完成させられる、スナップフィットタイプのプラモデルを選びましょう。

全てのプラモデルがスナップフィットタイプではないため、事前に外箱やネット上の商品説明などで確認する必要があります。