海外通販でプラモデルを購入する際のポイント

オンラインショップ

気に入ったプラモデルが海外通販でしか扱っていないこともあります。
海外通販は敷居が高いと考える日本人が多いのは、英語力の問題かもしれません。実は、海外通販を利用する際に必要な英語力はさほど高くありません。
中学生レベルの英語力があれば注文はできますし、わからない単語や文章は翻訳ツールなどを使って調べるとよいでしょう。

悩む男性

英語での注文で迷う点の一つが住所の記載です。
国や州など細かく記載するよう項目分けされていると、どの欄に何を記載すればよいか困ってしまうかもしれません。その際に念頭におきたいのが、住所情報の利用者です。
こちらが記載した住所の情報は、海外通販業者が宅配業者などに商品を渡す際に日本向けだとわかることが重要です。そして、日本に送られてきた際に日本の郵便局員や宅配業者が理解できる情報であればよいことになります。
「JAPAN」宛であることを明記し、あとは日本の配達業者がわかるよう記載するのがポイントです。電話番号の記載も同様に考えると難しくないはずです。

キット

英語力以上に大切になるのは、日本で買い物をするのとは異なる考え方や文化背景がある点を念頭に置くことです。
送られてくるはずのプラモデルがなかなか届かない、届いたが数量が間違っている、あるいは破損しているケースも見られます。
また、問い合わせをしても返答が来ないこともあります。正確かつ迅速な対応や察する文化がある日本の通販業者と同じように考えてしまうとストレスになります。
黙っていても何も解決しないため、要望がある場合は簡潔にはっきりと伝えると良いでしょう。誰が見てもわかるよう、箇条書きで記載するのもおすすめです。
要望を伝えた後は気長に待つ姿勢も大切です。

それでも、単に対応が遅いのと、だます意図がある業者は分けて考える必要があります。価格以上に信頼できる海外通販業者を使うことが重要です。

関税

また、海外通販では、送料が予想以上に大きくなる可能性があることと、関税や通関手数料が求められる点を考えておく必要があります。送料はプラモデルのパッケージの大きさや重量により異なります。
送料を提示しない業者には、送料に加え、日本への送付が可能か必ず確かめると良いでしょう。

関税は、課税対象額が20万円を超えると輸入申告手続きや税金の先払いが必要です。通関手数料は使用する宅配業者により若干の違いがあります。